言語の選択:
トップページ - ワンネスレイキ
トップページ - ワンネスレイキ
 
 
 

メニュー

ワンネスレイキとはペイフォワードイベントレイキ交流会アチューンメント体験談セミナー全般セッション・遠隔等オンラインショップFAQ(よくある質問)お問い合わせ・ご感想リンク&バナー特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針サイトマップ
COUNTER329542

用語解説

ワンネスレイキでは、下記のような意味で使用しています。

・愛のひかり…ワンネスレイキのエネルギー。

・アチューンメント(Attunement)…レイキティーチャーが人体にエネルギーが流れるパイプを掃除して詰まりをとり、レイキのエネルギーが流せるようにする作業。調整。

・エネルギー(Energy)…物質(物、人体など)から神々まで、幅広く存在する宇宙エネルギー。気。

・オーラ (Aura) 人体の周りを覆うように存在する霊的なエネルギー。

・カルマ(Karma)サンスクリット語で「業」。行為。行い。本来の意味は、カルマ自体に良いも悪いもない。

・感情の解放…根深い怒りや悲しみ、トラウマなど、
自分の感情を感じきって、認めること。心に壁をつくってしまった感情を解放(ゴミ出し)すること。古い感情を放置するとストレスの原因にも。

・神々の宴…ワンネスレイキが主宰するイベントの名称。

・コールイン(Call-in-method)正式名称「コール・イン・メソッド」。エネルギーの送り手がエネルギーの受取日時などを設定、受け手は設定期間内であればいつでも好きな時にエネルギーを受け取れる方法。

・好転反応…体の反応。悪いことが起きたようで、よくなること。

・顕在意識(けんざいいしき)…自覚している意識。

・高次元…私達が住む3次元以上の世界。次元が上がれば上がるほど、時間や空間などの制限はなくなり、自由になる。

・スピリット…霊。

・大光明…レイキの大元となるエネルギー。宇宙の中心となる生命エネルギー。気。

・大光明霊団私達に高次元のエネルギーを降ろしてくれる存在。高次元の存在。

・サンスクリット語(Sanskrit)…古代インドの古語。梵語。今日では、聖なる言語、神様の言葉とも伝えられる。

・ダルシャン(Darshan)聖者様の会見。

・チャクラ(Chakra)サンスクリット語で「車輪」。人体の背骨に沿って、回転しながら存在するエネルギー。
第1チャクラ(生殖器のあたり、会陰)、第2チャクラ(丹田、たんでん)、第3チャクラ(みぞおち)、第4チャクラ(ハート、心臓)、第5チャクラ(喉)、第6チャクラ(眉間)、第7チャクラ(頭頂)。

・チャネリング(Channeling)高次の存在から電話でメッセージを聞くようなもの。

・天命…本来の自分らしさを輝かせて生きること。人生の目的。

・トラウマ…心に受けた傷。バーストラウマ(出生時のトラウマ)など。

・潜在意識…無意識。

・ハイヤーセルフ(Higher Self)高次元の自分自身。内なる神。真我。ありのままの自分の声。

・波動万物から発信される波形のエネルギー。振動。

・ヒーリング(Healing)エネルギーによる癒し。

・ペイフォワード(Pay It Forward)日本語で「恩送り(おんおくり)」の意味。 「恩」とは、めぐみ、いつくしみのことで、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ること。

・リーディング(ReadingまたはLeading)…情報を読み取ること。

・霊的成長…人生経験と共に、人間性や懐の深さがより進むこと。愛が深くなること。

・ワンネス(Oneness)…「すべてつながっている」「みんなひとつ」という感覚の中で個が全体の中で調和した状態。

 
FAQ(よくある質問)  |  お問合わせ  |  リンク&バナー  |  特定商取引法に基づく表示  |  個人情報保護方針  |  サイトマップ  |  ログイン
Copyright (C) 2012-2014 ONENESS-REIKI All Rights Reserved.